透明封筒販売センターはA4透明封筒の専門店です。全国に送料無料、代金引換手数料無料(沖縄及び離島を除く)でお届けいたします。
当社のA4透明封筒は
なぜか・破れにくいCPP素材で、厚い素材を使いました。
そのうえ
なぜか・特別仕様により通常のCPP封筒よりも透明度がUPしています。

透明封筒販売センター

フリーダイヤル0120-979-180
     >

まず、料金表をご覧ください。

まず、料金表を見て、次に必ず料金表以下の文章もお読み下さい。

CPP透明封筒 激安@2.95円〜 銀行振込 可 10,000円以上お買い上げで代引き手数料無料 平日午後4時30分までのご注文で即日発送

A4透明ビニール封筒料金  厚み0.04mm(CPP封筒)

数量
(枚数)
単価 円(税抜き)
税込総額 円
(送料・代引料含む)
500枚 5.70 3,942
1,000枚 3.88 5,054
5,000枚 3.80 20,520
10,000枚 3.60 38,880
30,000枚 3.45 111,780
50,000枚 3.20 172,800
100,000枚 2.95 激安318,600


*価格は予告なく変更されることがあります。
*10万枚以上はご相談ください。
*PM4時30分までに注文の場合、当日発送します。(場合により発送できない場合有り)
*お急ぎの場合は必ず電話にてお問合せ下さい。(休日の場合は対応できません)

写真
A4透明封筒・一番人気
ヨコ225mm×タテ305mm+のりしろ30mm
(A4用紙が折らずに入ります。)
厚さ: 0.04mm 粘着テープ : あり
材質: CPP (無延伸ポリプロピレン)破れにくいのが特徴
容量: A4コピー用紙で約10mm


特徴・通常のCPP封筒に比べ透明度が高く、破れにくい
使用例
DM・ニュースレター・ダイレクトメール・メール便・小冊子・案内状・カタログ・定期発送物・季刊誌・セミナー案内・月刊誌・会報誌・CD・DVD・学会誌・その他

破れにくい透明封筒で発送費用削減

小冊子やカタログなどA4サイズまでであれば、
宅配便や郵便局を使う前にメール便で発送することを考えてみると良いでしょう。
条件が合えば大幅なコスト削減が可能です。
ヤマト宅急便の場合。(縦横高さの合計が60cm以内の場合)
同地域内発送で最低は740円から、
最高(北海道から沖縄)は1890円。
この荷物をメール便で送れないか考えてみます。
A4サイズ以下で厚さが2cm以内・重さが1kg以下
であれば問題なく送ることが可能です。
厚さ2.5mm・重さ250g・A4サイズのカタログを
4冊送りたい場合などは
メール便1通で送ることが可能です。
A4サイズ以内の小冊子やカタログで1つが厚さ2cm以内・ 重さが1kg以下
であれば複数の荷物を同じ届け先に送ることが可能です。


例えば同じ場所に
厚さ2.5mm・重さ250g・A4サイズのカタログを10冊送りたい場合などは
4冊・3冊・3冊の3つの透明封筒に入れてメール便で送る方法です。
宅急便の場合には最低740円ですが、
クロネコDM便で3通送る費用は
全国どこでも240円で済みます。
この場合に使う透明封筒は破れにくい透明封筒です。
厚さは#40(40ミクロン)が最適です。
OPP(破れやすい)透明封筒は避けてください。
OPP封筒の場合、厚みのあるビニールを使っていても透明封筒の端が破れます。

紙封筒を使う方法もありますが、この内容物を入れて送るために
使う紙封筒はコストがかかりすぎるのと、また水濡れにも弱いので、
何か特別な理由がない限り紙封筒を使うことはお勧めしません。
クロネコDM便で送る場合には料金は安くなるのですが 宅急便に比べデメリットが2つあります。 1・郵便受けに直接入れてくるので「受領」がありません。
2・メール便を普通に送ると追跡調査ができません。
しかし
クロネコDM便が抱える上記2つの問題をある程度解決する方法があります。
それは DM発送代行の専門業者に依頼 することです。
DM発送専門業者の中には、「発送完了証明書」や「追跡調査」
を行えるようにしてくれる会社があります。
しかも「封入」から「宛名ラベル作成」「発送」とすべての
作業を行った料金も格安になります。
DM発送代行業者の中には最低発送数が5000通以上など、
少部数の扱いが出来ない会社が少なくありません。

しかし最低50通から受け付けてるDM発送代行会社もあるので
「DM発送代行」などのキーワードで検索して自社にあった会社を探してみてください。 

宛名ラベルはどこに貼る



1

ヤマト運輸のクロネコDM便を使う場合


基本的に、宛名の位置に決まりはありません。
ただ、クロネコDM便便の場合は、1点張り・2点張りの2種類です。



1点貼りの場合  




宛名データとバーコードを結び付けて一つの宛名ラベルにする。
※この方法だと追跡調査ができます。


  

2点貼りの場合  




バーコードのみのラベルは取り扱いをしないとの通知を受けているのですが現在も
行われています。今後どうなるのかは分かりません(2016年3月15日現在)

宛名ラベルをお客さまが作成する。
その場合は、ヤマト運輸のバーコードを別途貼ることが必要です。
よって、ラベルは合計2枚貼ることになります。


  





長辺34cm以内・厚さ2cm以内の縦+横+厚さの合計が
60cm以内で重量1,000g以内のもの。
A4サイズの目安は角2封筒以内です。
(角2封筒=縦:33.2cm・横:24cm以内)



 (↑ヤマト運輸さんのホームページより抜粋したものです。)




2

佐川急便のメール便を使う場合


佐川急便の郵メール便の場合は、3点張りの1種類です。
ヤマト同様、宛名の位置に決まりはありません。


  佐川のバーコードラベル

  佐川の差出人シール

  佐川の料金後納シール(冊子小包ラベル)



  全体像
透明封筒は別名次のようにも呼ばれています。
(ビニール・クリアー・クリア・フィルム・プラスチック・PP) 封筒
また当社のA4封筒は(DM・メール便・郵便・CD・DVD)封筒としてお使いください。